menu

人気記事

「av女優募集で今の生活を変えてみませんか?」の人気記事です。

read more »

バレのリスクを考慮して

avを始めとした性的なお仕事というのは世間一般的にはあまりいいものとされていません。風俗の客が「なんでこの仕事してるの?」と聞き続ける限りそれは無くならない悲しい偏見です。募集要項のバレに関する話。

read more »

パブを上手く使おう

パブというのは「パブリシティ」の略で、自分av作品がどこまでの範囲で宣伝するのかというプロダクションとの取り決めのようなものです。募集要項にもパブのことは書いていますのでその際はご確認ください。

read more »

女性向けavの撮影

avの発展というのは凄まじいもので、今では女性向けのavというのも多数存在します。いわゆる「ときめき」のようなものを重視するavですね。実際にそのようなavというのは特殊な撮影になるかもしれません。

read more »

自分のためにできること

白い服を着ている女性

若さを自分の武器にする

女性というのはよく華に例えられます。
華というのはどうしても旬がある存在です。
その理論を適応するなら女性も同じということになります。
「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」という言葉がありますが、それも若いうちだけです。
歳を重ねるごとに、華からは遠ざかってしまうかもしれません。
とはいえ、華であることを利用して、その花弁の鮮やかさをお金に変えたいのであれば、結局はavの募集にたどり着くものだと思います。

確かにavというのは女性が自分を売り物にする仕事の中で一番ディープなものです。
職業的性行為を世界中に流すのですから。
しかし、どうせ風俗業も職業的な性行為をする場合というのはありますし、そこで行われる職業的性行為というのは本質的には何も変わりません。
むしろ、風俗業というのは客商売の一種であるために、そこではavよりも演技が必要な世界かもしれません。
両者の職業的性行為の違いなど、カメラが回っているかどうかという違いしかありません。
その違いを把握しているのであれば、avと風俗業のどちらが楽に稼げるかは簡単にわかるはずです。
結局お金を稼ぐのは自分ですので、最終的に楽により多く稼げる方を選びたいですよね。
その若さを活かしてお金を稼ぎたいのであれば、最終的に落ち着く所はどこか分かりますよね?



「今」を大切に生きる

自分の中で「より華やかで楽しい生活を送りたい」というのは人間であれば誰でも考えることです。
そんな人間の中でも、若い内というのは一瞬しかありません。
若い時間というのは短いものです。
しかし、その若い時に一番お金が必要なはずなのに、若い時というのは一般的な仕事では思うようにお金を稼げないものです。
しかし、avならばあなたが望むような額を稼ぐには充分な募集がたくさんあります。
自分の知らない世界に飛び込むというのは非常に尻込みしてしまうものです。
それがアダルトな世界ならば尚更です。
結局は自分の中でどう着地点を見つけるのかというところに落ち着きます。

「お金を稼ぐ」というただ一点だけの目的であれば、avというのは非常に秀でたものです。
しかも、現在のav業界というのは時代の進歩とともに、非常にオープンなものになってきています。
私達が漠然と持つav業界に対するイメージとは非常に変わったものとなります。
暴力で無理矢理撮影させられることもありません。
モデルの契約とほとんど変わらない形でavプロダクションとの契約は進んでいきます。
というか、モデルが契約から撮影するまでと手順は殆ど変わりません。
むしろavの募集のほうがかなり女優側の希望を聞いてくれるようになっています。
そのため、小遣い稼ぎに副業としてavに出演する女性も非常に多くいます。
新時代のav募集というものに今一度興味を持たれてみてはいかがでしょうか。

誰がために服を脱ぐ

avというのは寂しい男性のために撮影されるものです。
しかし、あなたはそのような男性のことは一切意識しなくても構いません。
カメラの向こうに自分が職業的に行なった性行為をオカズにシコシコとしているのを想像するのも中々に精神に作用してきます。
意識するのはそのavを作品の形として世に送り出すにふさわしいものに仕上げるというだけです。
そこさえ済んでしまえば、後は簡単なことです。
お金をもらってさようなら。という感じで二度とその撮影所の敷居をまたがなくても構いません。
もしまたお金が欲しくなったのならばavの募集を探してみるのも悪くないかも知れません。
結局は自分のためのav撮影ということを忘れてはいけません。

風俗業も接客業の一種ですが、そこに報酬という見返りがあるから初対面の男性の下の世話もできるというものです。
見返りのないものであれば誰も風俗業などしません。
avも同じです。
自分のセックスを見せつけたい。という人であれば別ですが、自分の中で最終的に求める所というのはやはりその報酬でしょう。
見返りがあるから、仕事というものは成り立つのです。
見返りのない仕事などそれは奴隷と変わりません。
最終的に自分の生活にその見返りを還元したいのであれば、多少の我慢というのはしないといけません。
そのうちそこに少しの楽しみのようなものというのを見出すことができます。
そんな傾向が無くただ辛いだけなら辞めてしまえばいいのですから。

演出のための白い液

黒いベアトップを着ている女性

avの撮影の演出の一環として「中出し」というものがあります。中出しは演出の中でもかなり重きを置かれているものといっても過言ではありません。その理由とは一体どういったものなのでしょうか?その答えがあります。

read more »

TOPに戻る